青色申告はどんなところに注意すればいいの?


期限に間に合うように確定申告しよう

青色申告には現金出納帳や売掛帳などの簡易帳簿を利用して帳簿をつける方法と、複式簿記で帳簿をつける方法の2通りがあります。簡易帳簿を利用した場合の青色申告特別控除は最大10万円までで、複式簿記で帳簿をつけた場合は65万円です。65万円の控除を受けようと思って複式簿記で帳簿をつけても確定申告の期限が過ぎてしまうと最大10万円までになってしまいます。頑張って複式簿記を作成した努力がムダにならないように期限内に間に合うように確定申告をしましょう。

事業専従者がいるなら届出を出そう

専業専従者がいるなら専業専従者控除を受けることができます。白色申告の場合は何の届出をしなくても控除を受けることができますが、青色申告で専業専従者控除を受ける場合は、事前に「青色事業専従者給与に関する届出書」を提出しなければなりません。専業専従者控除を確実に受けたいのであれば、届出されているかどうか事前に確認しておきましょう。

決算をスムーズに進めるための注意点

決算をスムーズに進めたいと考えているなら、普段からこまめに帳簿づけをする習慣をつけておきましょう。普段からこまめに帳簿をつけておくと、確定申告時にまとめて帳簿をつけるよりスムーズに進めることができるからです。特に初めての確定申告では何が起こるかわからないので、早めの対策が肝心です。

白色申告から青色申告になる時の注意点

白色申告から青色申告になろうと思っているなら「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。これは実は来年青色申告をするための予約のようなものなので、今年度は白色申告での申告になります。さらに今年の3月15日までに提出しないと来年度も青色申告ができないので注意しましょう。

青色申告とは確定申告の一種です。メリットとしては、特別な控除が受けられたり、赤字を三年間繰り越す事ができます。ただし、デメリットとしては帳簿付けが複雑です。