インテリアにも最適!?真空管アンプの自作に挑戦!


音の温かみを感じることが出来る真空管アンプ

真空管方式のアンプは、現代の主流になっている半導体を使ったアンプとは異なり、丸みのある音質、温かみを持つ音を再生するなどの魅力を持ちます。しかし、真空管方式のアンプを購入しようとしても、専門店でなければ購入が出来ない、欲しいものがあっても値段が高額など中々手に入れることが出来ないと感じている人も多いと言えましょう。それならば、真空管アンプを自作してしまえば良いのです。自作するに当たり電子回路の設計が必要になりますが、回路設計などやったことがない人にとってハードルは高くなります。そこでお勧めなのがネットの中にある回路を参考にさせて貰う方法です。真空管アンプの回路を紹介しているウェブサイトは意外と多くあるので必見です。

電子部品はすべて通販サイトを使いましょう

電子回路を入手しても電子部品はどのように買えば良いのか、初心者にとって次々と難題が押し寄せて来るものです。電子部品は通販サイトを利用すれば入手が出来ますし、わざわざ電車賃を支払い遠くのお店に行く必要もありませんし、通販サイトの多くが一定額の買い物をすると送料が無料になるので、お得な買い物が出来ます。但し、真空管の中には特殊なものもあるため、電子回路を探す時には通販サイトで購入出来る真空管を利用しているアンプを探すのがお勧めです。部品が届いた後は、プリント基板を製作、部品の実装や配線、ケースの加工や取り付けなどを行えば自作の真空管アンプが完成します。電源を入れるとフィラメントが加熱されて点灯するなど、部屋のインテリアにも最適です。

電子機器の製造を海外企業に委託することが増えた昨今でも、品質を求められるプリント基板設計は国内企業で行われることがほとんどです。