プライバシーを守る!保護するための方法を知ろう


シュレッダーを使って細かくしてから処分する

個人情報や重要な情報が記載されている書類は、情報が漏れないように処分する必要があります。簡単に書類を処分するには、シュレッダーを使用するのが効果的です。シュレッダーであれば、再生できないくらいに細かく処理してくれます。仕事で大量の書類を処分したい場合には、業務用の大きなシュレッダーを使うのが効率的です。しかし、家庭で使用するには、大きすぎることや価格が高すぎることが問題として挙げられます。そのような場合は簡易のシュレッダーを購入するのが良いでしょう。簡易のシュレッダーは小さいサイズのものが多いので、スペースを取らないというメリットがあります。手動タイプもあるので、その点に注意しながら探すのがオススメです。

スタンプで塗りつぶそう

プライバシーを守るためのアイテムとしてスタンプがあります。普通のスタンプではなく、個人情報を見えないように黒く塗りつぶしてくれる仕様になっています。シュレッダーよりも価格が安いものが多いのが特徴です。シュレッダーよりも扱いやすく、誰でもプライバシーの保護を行えるでしょう。会社で大量の書類を扱うような場合には適していませんが、家庭で扱う分にはオススメです。

とにかく細かく破って捨てる

プライバシー保護にお金をかけたくないという方は、手で破って捨てるのが良い方法です。ポイントは細かく破ってから捨てることでしょう。個人情報が読めないように細かく破ることで、プライバシーの情報が知られてしまう可能性を下げられます。この方法では、シュレッダーよりも細かく破るのは難しいため、個人情報を保護できていない可能性があります。そのような事態を避けるために、個人情報の記載されている部分を重点的に破るようにしましょう。

以前のように紙ベースの機密文書を管理するだけでなく、データの流出には最新の注意が必要です。特に個人のパソコンからの流出には危険がいっぱいのため、対策を立てておく必要があります。