採用活動でよく使われる適性検査の効果とは?


そもそも適性検査とは?

適性検査とは、受験者の職業における強み、弱み、興味、関心を測ることができるテストのことです。就職試験を受けるときに、面接の前後で受けた方がいるかもしれません。人材採用をするにあたって企業には「求める人材」があります。しかし、応募してきた求職者の誰が自分の企業に合っているのか、人間の目で判断すると、採用後にミスマッチが生じることも考えられます。というのも、求職者側も企業の求める人材に合わせて答えを作ってくることがあるからです。この状態で採用活動を進めてしまうと、企業は自社に合わない人材をとってしまうというリスクがあります。求職者としても、いくら採用してもらっても自分の力を発揮できない環境で働いていると、能力を発揮できなかったり、メンタル不調に陥るかもしれません。このように、企業、求職者双方にデメリットがあるのです。これを解消すべく行われるのが適性検査です。面接ではなく、いくつかの質問で求職者の人となりを深いところまで判断します。面接では聞けないような価値観や強み、弱みなどを判断できるので、企業と求職者のマッチングがしやすいというメリットがあります。

適性検査を受ける上での注意点

適性検査は自分の強み、弱み、興味、関心を機械的に測定することができます。しかし、この結果を絶対視してはいけません。受験者には個々の個性があり、生まれ育ってきた環境があり、人格があります。機械で「適職」が出たからといって必ずしもその職業にやりがいを感じられるとは限らないのです。そのため、適性検査の結果は職業を選ぶための参考程度に留めておくことが重要です。

適性検査とは、新卒採用や中途採用で用いられる、人間性や基本スキルを測定するための検査です。受検する前に、対策サイトや対策本などで慣れておくとよいでしょう。