倉庫選びで失敗しないためのチェックポイントとは?!


倉庫外についても確認しよう

倉庫を選ぶ際、気になるのは広さかもしれませんが、大切なポイントと言えば、やはり使い勝手です。どのくらいの頻度で倉庫を利用するのかにもよりますが、使い勝手が悪いと、利用が面倒になってしまうのではないでしょうか。そこで確認しておきたいのが、倉庫周辺の状況です。倉庫内に十分な広さがあっても、倉庫までの通路が狭ければ、荷物を倉庫まで運ぶのは難しくなります。工夫が必要になったり、時間がかかったりするようであれば、やはり使いにくいと感じるのではないでしょうか。また、作業をするためのスペースが倉庫外にあるのかどうかも重要なポイントになります。というのも、倉庫が荷物で一杯の場合、倉庫前や倉庫の近くにスペースがないと、作業が出来ないからです。倉庫内だけでなく、倉庫外についても確認することが大切です。

設備について確認しよう

倉庫を選ぶ際は、設備について確認することも欠かせません。倉庫にかかる鍵はどういったタイプのものなのか、個別の倉庫のみにかかるのか、施設全体にもかかるのかといったところや、エレベーターなどが完備されている場合には数とスペースは十分なのかといった点は、しっかり確認しておくことが大切です。また、駐車場の有無や荷物の積み下ろしを行う場所から倉庫までの距離といった部分も重要になってきます。倉庫内の広さや料金、立地などを重視することは大切ですが、実際に利用した場合に気になる点は、案外、細かい部分ということも多いです。どのように利用したいのかを考え、それに対し十分な設備か備わっているのかどうかを判断することも大切です。

3PL(サードパーティ・ロジスティクス)とは、第三者であるロジスティクス業者に対して、物流機能全体もしくは一部を委託することで実現する業務形態です。