派遣の運転手として働く前に確認しておきたいことは?


運転手として必要なスキルや経験について調べておこう

派遣の運転手は、正社員と比べて勤務時間や勤務地を柔軟に選びやすく、派遣先によっては週に数回程度から働けるといった魅力があります。そうした中、派遣の運転手の仕事を探す際には、それぞれの職場で求められている運転手のスキルや経験について、派遣会社の担当者を通じてきちんと把握することが大切です。たとえば、大手企業の重役の対応をする役員運転手は、運転の上手さだけでなく、コミュニケーション能力やビジネスマナー、過去の交通違反や事故の有無などが厳しくチェックされる傾向があります。一方で、社用車の運転手については、役員運転手ほど採用条件が厳しくなく、乗務に必要な免許があればすぐに採用してもらえるケースも少なくありません。

一箇所の派遣先で長く働きたい人は待遇にこだわろう

派遣の運転手として一箇所の派遣先でなるべく長く働きたい人は、途中で給料や休暇、福利厚生などの面で不満が出ないよう、待遇にこだわって職場探しをすることがおすすめです。特に、タクシーやトラックなどの乗務経験が豊富な人は、好条件で派遣の運転手として採用される可能性が高いため、積極的に求人選びをすることが大事です。また、派遣の運転手の契約期間については、それぞれの派遣先のニーズによって異なりますが、安定収入を得るためには、契約更新の可否についても事前に確かめておくと良いでしょう。その他、派遣の運転手の働き方について詳しく知るため、経験者に直接話を聞いたり、各地の派遣会社の登録会に参加をしたりするのも有効です。

運転手の派遣に関する仕事内容は多岐にわたっており、運転代行のこともあれば管理者の離れた車の移動を行うこともあります。個人を対象とすることもあれば、法人を対象とすることもあります。